モカポットとは

モカポット

目次


モカポットって何??簡潔に教えて!?

モカポット

モカポットは、直火式エスプレッソメーカーの一種で、イタリアではモカエキスプレスとも呼ばれます。

底面が水タンクになっており、熱を加えて沸騰したお湯が蒸気圧で加圧され、サイフォンの原理で下から上へコーヒーの粉の入ったフィルターを通って本体上部にコーヒーがたまる仕組みです。

モカポット

カラーデザインが豊富なモノから武骨なものまで気分で選び放題です!

何で「モカ」ポットなの?

モカポットの名前は、イタリアのビアレッティ社が1933年に開発した「モカエキスプレス」というコーヒー器具を原型に作られたことに由来しています。

ビアレッティ社以外のメーカーが同じ仕組みでコーヒーを抽出する器具を「モカポット」と呼んで販売しているためです。
ちなみに、モカポットには「モカ」という名称が付いていますが、「モカコーヒー」とは関係がありません。

モカコーヒーは、エチオピアやイエメンで栽培されているコーヒーを指し、その名前は「モカ港」から来ています。ちなみに、モカコーヒーは「Mocha」で、モカポットは「Moka」綴りが違いますね。

モカポットは、エスプレッソのような濃厚なコーヒーを抽出する器具ではありますが、エスプレッソマシンとは異なり、圧力が低いため、エスプレッソが持つ「クレマ」や「ボディ」、「ハート」といった層を持たない濃いめのコーヒーを作ります。

日本では「マキネッタ」とも呼ばれていますね。

モカポットはエスプレッソマシンと何が違う!?

モカポットは、エスプレッソマシンとは異なり、抽出条件によって味に変化が生じます。

一方で、淹れ時の時間や本体の温度など、その時々によって味・風味に変化が生じ、本場イタリアではこの味・風味の変化を楽しんでエスプレッソを淹れる方が多いです。

モカポットの使い方

では、くるくるっとひねると大きく3つに分けられます。下部「ボイラー」、中部「バスケット」、上部「サーバー」

水を入れる: モカポットの下部(ボイラー)に水を入れます。
水の量は、抽出するコーヒー1カップ分につき50mlが目安です。例えば、2杯分を淹れる場合は100mlを入れます。と言っても厳密に測りません。内側のくぼみというかラインというか、粉がつからない程度に水を入れます。

コーヒーの粉をセットする: バスケットに細挽きのコーヒー粉をセットします。1カップにつき7g前後が目安です。と言っても水同様、測らず、バスケットいっぱいにすりきりでコーヒー豆を入れると適量になります。

ふたを閉める: 上部(サーバー)をかぶせます。

火にかける: モカポットを火にかけます。あとは待つだけ、ポコポコという音が聞こえ吹き出し口からでなくなったら完成です。

モカポットで美味しいコーヒーを淹れるコツは、火加減を調整してコーヒーが焦げないようにすることです。

また、コーヒーの挽き具合はエスプレッソ用より少し粗めがおすすめです。

この方法で、自宅で簡単にエスプレッソに近い濃厚なコーヒーをお楽しみいただけます。どうぞお試しください!

モカポットを選ぶ際のポイント

モカポットを選ぶ際は、次のような点に注目できます。

  • 容量:1人~2人用、3カップ用、6カップ用などがあります
  • 素材:スタイリッシュで丈夫なアルミボディを採用。八角形の形状が熱を分散させ、コーヒーの香りを引き出すものもあります。近年は可愛らしいデザイン、カラーが豊富になっています
  • 掃除:分解して簡単に掃除でき、水で洗い流せるものもあります

普段コーヒーを飲まれている方は飲みたい量に注意が必要です。

というのも、上記の「容量」はエスプレッソの「容量」であり普段のレギュラーコーヒーや、インスタントコーヒーの容量と同じに考えると「少ない!」となりかねません。。。

エスプレッソの基礎知識
 ・1カップ 25~35ml 大体の製品が30ml
 ・豆は、6~12g程度 (豆の種類や挽き目、煎り具合で変わる)
その他の基礎知識
 ・レギュラーサイズのコーヒーは、一般的に120ml~150ml程度
 ・カフェや自宅でよく使われるマグカップの場合は、200ml~250ml

ですので、エスプレッソでも多めに飲みたい人は大きめのサイズをおすすめします。

こんな飲み方も!

コーヒーってこんなに種類があるんですね!?知ってましたか?
恥ずかしながら私もすべてを知っていたわけではありません。。。

今さら聞けないコーヒーの種類一覧

ですので、モカポットで抽出したものをそのまま飲むとエスプレッソ、お湯で薄めるとアメリカーノ、ミルクやクリームを追加すると。。。そう考えると楽しくなってきませんか?

スタバのアレを作ってみよう!など、いろいろカスタムして自分好みの味を見つけられると良いですね!

コーヒーの豆、粉はどのようなモノを使えば…?

エスプレッソに適したコーヒー豆の生産国には、それぞれ特徴があります。

  • アフリカ:フルーティーな酸味やコクが特徴。タンザニアのキリマンジャロやケニア、ルワンダなどが有名です。
  • アジア:独特のスパイス感が特徴。ハーブやスパイスの香りが楽しめる豆が多いです。
  • 中南米:爽やかさとバランスが良い。ブラジルやグァテマラ、パナマなどが生産する豆は華やかさがあります。

エスプレッソは深煎り豆を使用することが多く、濃厚な味わいを楽しむことができます。

挽き目は基本的に細かめです。エスプレッソ用は特に細かめに挽くのが良いとされていますが、普通のコーヒーミルで一番細く挽いても大丈夫です。

お好みや試してみたい味に合わせて、これらの国々から生産されるコーヒー豆を選んでみてはいかがでしょうか。

また、日本のコーヒーショップオンラインストアでは、さまざまな国のエスプレッソ用コーヒー豆が手に入りますので、探してみるのも良いでしょう!

モカポットってどこで買える

モカポットは、Amazonや楽天市場、各メーカー、海外サイトなどで購入できます。

一方比較的レトロでも状態の良いのが多いので、海外のフリマサイトなどで掘り出し物が見つかることもあります。

おすすめのモカポットは?

↓写真タップで詳細記事へ移ります↓

「武骨・カッコイイを覆す斬新なカラーリングのモカポット」
「武骨・カッコイイを覆す斬新なカラーリングのモカポット」
「カッコよくも可愛くも…」
「カッコよくも可愛くも…」
「可愛らしいデザインが魅力のモカポット」
「可愛らしいデザインが魅力のモカポット」
「シックで落ち着いた大人のデザイン」
「シックで落ち着いた大人のデザイン」

アイテムカテゴリーから探す

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »